えん げ 困難 者 製剤 加算。 調剤報酬点数のポイント

調剤料の加算、同時算定できるもののまとめ

げ 困難 者 加算 えん 製剤

基本的には、嚥下困難者用として処方箋中のすべての薬剤が容易に服用できるように加工する必要があり、1医薬品のみの剤形変更で技術評価されるものとは限らない。 これも自家製剤加算と同様に、計量混合したものがすでに薬価収載されている場合は算定できません。 一調剤(処方全体)につきの加算なので、一包化加算や自家製剤加算、計量混合加算との同時算定はできません。

10

調剤料加算①

げ 困難 者 加算 えん 製剤

当然ながら、全てを同時に算定することはできないので処方ごとにあった加算を選択するわけだ。 麻薬は1調剤につき70点、向精神薬・覚せい剤原料・毒薬は1調剤につき8点が加算されます。 ご質問の前段のケースでは、嚥下障害の患者が容易に服用できるよう、錠剤しか薬価収載されていない医薬品を含めて、すべての医薬品について必要な加工(粉砕)を行っています。

嚥下困難者用製剤加算 とは【2020年改定】

げ 困難 者 加算 えん 製剤

処方箋の受付1回につき1回 80点を算定することができる。 232• なお、一包化に当たっては、錠剤等は直接の被包から取り出した後行うものである。

3

[mixi]一包化薬調剤料と嚥下困難者用製剤加算の併

げ 困難 者 加算 えん 製剤

薬剤師が剤形の加工の必要を認め、医師の了解を得た後剤形の加工を行った場合は、その旨調剤録等に記載すること。

全て粉砕しなければ嚥下困難者用製剤加算を算定できない?

げ 困難 者 加算 えん 製剤

(答)別々にしたもの同士をテープや輪ゴムでまとめるなど、一包化加算の目的(薬剤の飲み忘れや飲み誤りの防止、または、薬剤を直接の被包から取り出すことが困難な患者への配慮)を十分踏まえた調剤が行われていれば、算定しても差し支えない。 Q.嚥下困難の患者に散剤と錠剤が処方され、医師からは「錠剤はすべて粉砕し、散剤と合わせて一包とする」よう指示されていました。

一包化加算【2020年改定】

げ 困難 者 加算 えん 製剤

嚥下障害等により市販の剤形では服用できない患者に対して剤形を加工した場合には算定できるが、カプセル剤の溶出性が散剤の場合と同じであることが担保されなくてはならない。 粉砕した薬で混合していないこと です。 嚥下困難者用製剤加算を算定します。