ブラームス 交響曲 第 4 番。 第3位:ブラームス/交響曲第4番ホ短調

ブラームス:交響曲第4番名盤試聴記

4 ブラームス 交響曲 番 第

に感想を書いていたのですが、「これもうまい。 フルートのソロはオケの響きに溶け込んでいて、浮き上がっては来ません。

交響曲第4番 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル : ブラームス(1833

4 ブラームス 交響曲 番 第

あれから十数年が経って自分の感性も丸くなってきたのか、多様性をすっと受け入れられるようになってきました。 緩徐楽章も過度な表情は抑えられていて音の隙間が心地良く響きます。

交響曲第4番 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル : ブラームス(1833

4 ブラームス 交響曲 番 第

第4番についてはこちらが圧倒的に充実した演奏です。 5小節目の頭のヴァイオリンはE音だが、バスがC音を弾くため、ここから3度で上昇していると解釈することが可能である。

7

交響曲第4番 (ブラームス)

4 ブラームス 交響曲 番 第

憧れの先輩の2ndをやった曲。

14

第3位:ブラームス/交響曲第4番ホ短調

4 ブラームス 交響曲 番 第

響きに深みが無く浅い演奏に感じました。 録音がまた見事です。

7

交響曲第4番 アバド&ベルリン・フィル : ブラームス(1833

4 ブラームス 交響曲 番 第

金管も強いです。 速めのテンポで進みますが、この爽やかな響きがとても心地良いです。

20